OTのひとりごと

作業療法士10年目突入しました。

ポケットセラピスト業務委託約款について

期待していたサービスなだけに、約款見てガッカリしたので言わせてもらう。

 

前々からセラピスト界隈ではFBで小耳に挟んでいた、ポケットセラピストが正規スタートしたらしい(https://pocket-therapist.jp/

病気になってからでは遅いから、やはりいかに予防していくか、という最近の流れにも沿っていることだし、「治療する」のではなく、「対処法を知ってもらい、セルフケアしていく」という観点は個人的に好みだったので、楽しみにしていた。

 

で、このポケットセラピストのセラピスト向けに人材登録しませんか、という話が流れてきたのが木曜日(FBの参加してるグループ『産業理学療法研究会』に仮登録案内が流れてきた)

 

とりあえず仮登録しないと、約款等本登録のための情報提示がされないとのことで、仮登録してみた。

翌日朝に本登録案内が届いて、本来はその日中に本登録すれば、何やら諸々の特典もあったのだけど、所用でタイミングを逃してちゃんと内容できたのは今朝方。

 

で、肝心の本登録案内の中身。

ガバガバ。

まず業務委託約款。

業務内容は、ある程度のAIカウンセリングを経ての個別チャットでのアドバイザー業務なんだけども。

▼報酬

1ユーザーあたり¥1,500/月

知財

業務遂行過程で生じたノウハウ、技術情報は全て会社側に帰属

▼サービス内容の変更

会社側の都合で勝手に変更OK

 

知財はまあごく当然といえば当然だけど、業務内容も、24時間以内に個別チャット返信が義務付けられている割に、チャット時間の上限はなし。

その上で、各セラピストが自身のスキルとして積み上げてきたものをチャット内情報として還元すればするほど会社側の技術利益ないし情報利益として抜き取られて、挙げ句の果てにサービス内容についての決定権も裁量権も抜き取られかねないような。

ちなみに登録にあたって国家資格免許証の提出等は特に求められていない。

もしかしたら本登録用のアンケート代わりになっているGoogleフォームでその辺の本人確認するのかもしれないけど、もしそうだとしたらそれはそれで怖い。

Googleフォームに応えて、自己紹介用の音源作成提出で本登録完了。

 

本気か。

 

新しい試みなのだから、それはそういうものなのかもしれないけれど、性善説で回っているであろう医療・介護業界につけ込みすぎじゃないかと思ってしまった。

 

なお、本登録の要項見て気づいたのだけど、私は作業療法士なので、そもそも申込資格を満たしていないようだった。

 

このポケットセラピストの登録資格条件として現在設定されているのは理学療法士のみ。柔道整復師その他コメディカルは非該当。

理学療法士でなければ腰について満足な個別アドバイザー足り得ない、というのであれば、もう少し登録者への還元率増やして良いのではないでしょうか。

 

 

「すみません」という言葉。

「すみません」、という言葉があまり好きではない。

どうせなら、「ありがとう」、って言える空気にしたい。

「すみません」っていう言葉を乱発してるうちに、自己肯定感が薄らいでゆく気がしてる、というか実際薄らぐと思う。体感だけど。

(文献サラッと探したけど、特定の言葉との相関を調べたものは見当たらなかった、悲しい)

 

ただこれって、医学モデルがネガティブフィードバック中心になる仕組みとよく似ていると思う。

他者から勝手に自分自身の何かについて一定の規範から外れる、あるいは評価基準を下回ることについて指摘を受ける。

その指摘に対して、(内心はどうあれ表面上)「すみません」と謝罪に近い形で相手の主張を受け入れる。

一時的であれ、言葉の上で相手の主張ばかりを受け入れることを繰り返せば、そりゃ自主性も自己肯定感もなくなると思う。

医学モデルの結果、自主性が損なわれて自立支援が声高に叫ばれる昨今だけれど、別にこれって、病院を始めとする医療業界だけで起こっている話ではないよな、と思った今日このごろ。

 

とりあえず今日はこんな感じ。

外出サポートにあたって

【備忘録】

町中華街エリア編(編というほどでもないけれど)

 

元町・中華街駅

   改札が元町方面、中華街方面の二手に分かれている。

   車両編成は8〜10両なので、依頼主の希望がどちらなのかで、車両の位置取りが変わってくる。

   中華街方面は先頭車両、元町方面であれば最後尾車両。

 

▼横浜外人墓地

    外人墓地は土日祝の晴天時のみ公開。散策ルートは決められていて、入場の場合は¥200〜300の寄附金が必要。

    何年か前に元町方面改札からアメリカ山公園直通のエレベーターができたことで、山裾から山手までの長い坂をわざわざ登る必要がなくなって観光負担はかなり減ったらしい。とは言え坂はある。

 

▼中華街

    言わずと知れた観光名所。外人墓地から移動する場合は中華街入口(朝陽門前)行きのバスがあるので¥220ケチらず使うのが吉。

     人混みは当然多いので、目的地までどう脇道を上手に使うかが肝要。

 

山下公園

   氷川丸、赤い靴の少女像、湾岸一望など見所盛りだくさん。

   公園内トイレはやや匂いがキツイので、催した場合は公園手前のホテルニューグランドを使わせてもらうのが無難か。

 

▼その他

    港の見える丘公園は展望エリアとイングリッシュガーデンエリアとで、散策しがいがありそう。喫茶店もちらほら。

     中華街でミシュラン掲載とやらの山東は正直サービスレベルが期待外れで、味わう以前に誰かを連れて行ける感じがあまりしない。予約対応も悪い意味で中華街クオリティだったかも。

     いつもの勘が働いて突入したひと辻隣の「安記」は日本語対応○、予約対応○で、リピートできそうなお店。

 

 

諸々踏まえながら傾斜、段差、トイレ休憩のタイミング、滞在時間と移動時間の目安…

当面の課題として、蓄積していくバリアフリー情報をどう運営していくか、かな。

 

 

 

運動講師のお仕事

今日も今日とて、地域の運動講師のお仕事。

いつもは1時間のはずなんだけど、今日はなぜか1.5時間もあった。

参加者からも、開始時間がいつもより早くないか?との声が挙がっていたので、恐らく私の気のせいではなく運営側の若干の手違いな気がする。

 

80代以上を中心にした方々に1.5時間みっちり運動しましょうね、はさすがにしんどいだろうと思い、今日のメニューはこんな感じ。

 

▶︎全身のストレッチ(15分前後)

▶︎上半身・下半身のセラバンドを使った筋トレ(20分前後)

▶︎休憩(10分)

▶︎足踏み練習と足首中心の運動(行楽シーズンのウォーキングや山登り事例を踏まえつつ、膝の痛み予防と絡めて)

▶︎タンパク質摂取のタイミングについて

 

太もも周りは、テレビとかでも良く言ってるからか、皆さんスクワットとか色々取り組んでいるよう。

なので、意外と忘れられがちな足首に焦点を当ててみた。

 

やってみると、やっぱりみなさん足首硬くなり始めているのか、蹴り出しが座位であれ立位であれ、なかなかできないできない。

足首、大事だと思うんだけどなー。

とはいいつつ、これ以上を求めようとするとそれこそ個別のほうが効率良いと思うので、

▶︎なぜ大事か

▶︎どういうホームエクササイズが良いか

▶︎どういうケースは個別で医療機関等に相談が望ましいか

までをお伝えして終わり。

 

ちゃんちゃん。

 

 

 

「補助金」の捉え方

区民コーディネーター養成講座に参加しているのだけれど、その中のワークショップで面白い意見を聞けたので。

 

ワークショップの本筋とは外れる内容なのだけれど、講座の特性上か、NPO法人の運営・立ち上げに携わっている方が多い。講師も、参加者も含めて。

なので、事例紹介で資金のことになるとどうしても補助金助成金の話がチラホラ。

その流れを受けて、今まで自己資本でいくつも会社を立ち上げて、退陣後に社会に貢献したいと思ってNPO立ち上げたおじさまが漏らした一言。

「地域とかみんなのために何かやりたいと思うんだけど、補助金が出るってことは、その『何かしたい』と想う気持ちを俺一人で全責任を負ってやる必要はないよってことなんだよね」

「みんなで責任を負ってやりましょうっていう、そのための補助金なんだろう?って」

「そう思ってみると、いやー、肩の荷が降りて楽な気持ちになれるよね」

 

 

…なるほど。

 

補助金助成金を、言葉通り「お金が足らないから援助してもらう」以上の意味で捉えたことがなかったから、正直目から鱗だった。

でも、よく考えたら確かにそうなんだよね。

お金の出所が分散するってことは、事業に対する責任も分散するってことなわけで。

 

全部自分一人でなにもかもやってきた方からしたら、何かあっても全責任負わなくていいよ、っていうのは、そういう意味も持ち合わせるのが補助金だとしたら、そりゃあ確かに心強いよな、と。

 

とっってもアクの強いおじさまだったので、正直少しのお喋りでお腹いっぱいって感じだったのだけれど、自分に全くない視点を持ち合わせていてとても刺激的だった。

 

今日はここまで。

 

アロマ

今夜は社内研修。

テーマはアロマセラピー

 

アロマセラピーどうなのか、ってところだけれども、個人的には賛成。

元々往診医の先生が臨床にアロマを取り入れていた経験から、医療者向けミニ講座をやってくれたことがあって。

医学的エビデンスに基づいた、在宅でもできるアロマやハーブをテーマにした話を聞いて以来、代替補完医療は興味がある分野のひとつになった。

それがきっかけで単なるオシャレな嗜好品、くらいのイメージだったアロマの位置付けが変わって、アロマセラピー検定受けたりもした。

 

でも現実問題として、医師が同一組織内にいない訪問看護ステーションでは、手をつけづらい。

皮膚トラブル諸々のリスクを考えた時に責任の所在が曖昧になってしまうので。

 

ただそれを差し引いても、魅力あるものだからこうやって少しづつ広がってきてるんだろうと思う。

 

今度の講座で少しだけアロマの話をして、年配の方々の反応を見てみるのもアリかな、などと思った日。

 

今日はここまで。

 

100均で使えるリハビリ道具①

今度スピーカーをする予定の講座で、運動だけじゃなく普段の生活に取り入れられる100均道具の紹介コーナーを設けよう、ということになり、下見下見。

 

訪問リハビリでよく使っていたのはこれ。

f:id:tapparari:20170720142340j:image

 

足の裏で片足ずつコロコロ。

足のアーチ矯正、むくみとり、下肢のストレッチ、筋トレ代わりになるので重宝してた。

ゴルフボールで難しい方には、

f:id:tapparari:20170720142500j:image

f:id:tapparari:20170720142506j:image

 f:id:tapparari:20170720142511j:image

この辺でレベル分けしてみたり。

 

どう取り入れようかなー。

と、頭を悩ますのもそれはそれで楽しい。

面白い。

 

 

 

今日はここまで。